2017-07

子供を産む育てる

昨日仕事が終わっていつもどおり飲んでいたとき、目の前で大騒ぎしている子供が無性にかわいく思った。
気が狂ったように走り回っていて柱から顔を出したり隠したり行動が全部ばかばかしくて、全部許せる。
子供が無駄に走り出せば、親はあわてて追いかける。
子供が「あー」とか「ぶー」とか言えば、親は心境を理解しようとして何か食べたいのか、おしっこがしたいのか、考える。
子供の大人マネジメントがすごい。
ぜひその秘訣を教えていただきたいわ。



以前とある公立の商業高校の高校生から聞いた話を思い出す。

「俺の父親は酒飲みでいつも母親を殴っている。
 家にお金も入れない。家族はみんな、毎日口もきかない。
 だから自分は大切なものを大切にできる大人になりたい。」

きっとこの子の父親がその女性と結婚した時にはそんな風に自分が振舞う夫になるなんて思っていなかったはず。

そして、その父親が父親になったとき、息子にそんな風に思われる父親になるなんて思っていなかったんじゃないかと思う。

何かのコミュニケーションのズレや誰にもわからない父親のストレス、そして一度の過ちが起因して大切な家族との関係に信頼残高が減ってきたことを実感するたびに、謝る勇気もなく言い訳もできず、孤独感があふれる。
それらがまた、暴力に変わり、家族はさらにひいていく。なんてことを繰り返しているのか。

今の私は子供を産むのが怖いと思う。暴力はふるわないだろうけど、私もいつか、大切な家族に対して感情がコントロールできないままに、絶対に言ってはいけない言葉を吐いてしまいそうなのが想像つく。
それが原因で本当は伝えたい愛を伝えられず、小さな心のズレをどんどん深めてしまいそうで。そんなことをいつか、してしまいそうな気がする。


だから、怖い。怖いと思ってから、無邪気に子供がほしいなんて思えなくなってしまった。

ただ、少なくともこの高校生の彼は、父親を許すことはできないまでも、その過ちを教科書にして、生き方を学んでいる。
そういう子供を育てられたという意味では、この父親もひとつの子育てを、達成しているのかもしれない。


もう少したったら私も、子供を育てられるかなって、思えるようになるのかな。それはいつか確信を持てるものなのか、子供を産んで育てている人たちに教えてもらいたい。


私もその確信、持てるようになったらいいな。と、思うけど。



親の期待と姑のプレッシャーから最近のホットな話題で子供を見るたびに、いろいろ思うんだけど。まだ・・私は子供だなー。

今だから、子供を大人になるまで育て上げた人たち、まじめに尊敬するわー。



・・・あ!すごい!荒木がしょっぱなからホームラン!
日本女子が金メダルとって、なんだかかわいそうな比較ばかりされてる男子野球だけど、応援してるよー。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kumimamura.blog53.fc2.com/tb.php/13-89146d19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

絶滅に瀕した日本の愛妻家の保護育成に努める «  | BLOG TOP |  » もう一度那覇のゲストハウスとコトブキ(沖縄一人旅 8/18)

プロフィール

kumimamura

Author:kumimamura
今村久美
▼特定非営利活動法人
 NPOカタリバ代表理事
▼コラボスクール
 女川向学館・大槌臨学舎校長
▼高円寺・中野・女川町・大槌町 を行き来する毎日。
 校長と呼ばれることが
 まだムズカユイですが、
 名前についていけるように
 がんばります。
▼このブログは、私が好きな
 ように使う個人ブログです。
 NPOカタリバ公式発信では
 ないことをご了承ください。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (231)
文化 (1)
to katariba cast (3)
地域活性化 (3)
映画 (2)
メディア掲載 (3)
book (1)
イベント情報 (2)
about katariba (3)
つぶやき (1)
to katairba事務局 (1)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する