2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一年間、お疲れ様でした

今日で正式に年度が終わり!
一年間本当にみんな、おつかれさまでした。

いよいよ、もっとカタリバがこの社会の中で当たり前のコミュニケーションになるために、来年度は、カタリバを起こすシステムそのものに新しいチャレンジを盛り込みます。

この世の中に、やけに明るい奴らがたくさんいる特殊組織カタリバが無くったって、カタリバコミュニケーションが起こるようになること、これが文化としてカタリバ的コミュニケーションが成立している状態。
組織としてのカタリバがカタリバプログラムを行うことよりも、地域の普通の人たちが、大勢でカタリバ的なイベントに参加している状態が、何よりも素晴らしいと私は思います。
いつかそんな状態になることを目指して、来年は・・・テーマ、「地域との連携」にまた一歩、コマを進めます。

下記、来年度の新しい取り組み5つ。

●1つめ
4月からスタートする嘉悦大学では、昨年度カタリバプログラムを受講した嘉悦生の先輩がキャストになるカタリバが行われます。
嘉悦大学の学生をカタリバの学生がサポートして、カタリバを実施することになるのですが、カタリバとしては、3年後には嘉悦大学から完全撤退できることをを目指しています。
学内でがんばっている学生たちが生まれたら、その人たちが後輩のためにカタリバを実施すればいいことですから。

●2つめ
5月のゴールデンウィークには、なんと!私の母校。高山西高校企画。
この企画では、地元キャストを募集して、企画数日前に行われる事前合宿で研修を行い、コミュニケーターに仕立てます。
それをカタリバキャストがサポートし、一緒にカタリバを実施する、という流れ。
私は選択しなかった「高山で生きる」を選択し、地元でがんばっている人たちを私は尊敬します。
だから、東京のキャストが高山にいる高校生たちをエンパワメントする、じゃなくて、地元にいる人、地元に戻った人にこそ、その場に参加してもらい、ロールモデルを高校生に見せてもらいたい。そして、こんな大人になりたいなって、思えたら、その子もきっと、次の高山を盛り上げる人材になるのだと思います。
私は高山に、こういう形でしか関われないからこそ、今回の企画、意気込んでます。

●3つめ
今年度のカタリバ沖縄支部は飛躍の年でした。メディアが動き、地域の大人たちが動き、学校も動きました。「沖縄をもっと元気にするために、高校生のみんなと一緒にがんばりたい」という彼らの思いは、確実に沖縄を動かし始めています。→琉球新報
ブログ
明日から始まる来年度は、そんな沖縄支部、学生団体として飛躍することでしょう。
カタリバ本部は全力で応援します。

●4つめ
尊敬するNPO法人、ブレーンヒューマニティさんが、開催でカタリバプログラムを実施することになりました。開催の皆さん、カタリバに参加したくなったらブレーンヒューマニティさんにご連絡を。


青森は・・うーん、今度考えましょう、いなちゃん。


明日から、そんな一年間の幕開けです。


東京の高校企画本体は、というと・・、
全国に多様な形でカタリバを仕掛けられる人をたくさん増やす、カタリバプロデューサー育成機関と位置づけましょう。
また、現場のクオリティは、全国のカタリバ同志のみなさんが研修にきたくなるような、現場のクオリティを追及しましょう。


そんな私は今から、四国を盛り上げようと地域にいろんなことを仕掛けているホームアイランドプロジェクトというチームの人たちの飲み会に出かけてきます。
年に一度でいい、地域でがんばっている人と、違う地域に出て行った人、みんなでホームに帰って、ホームカミングデーができるようになったらいいね。
そんな話を、してこようと思います。


一年間カタリバで事務局をささえてくれた皆さん、おつかれさまでした。
おかげさまで、こんな夢を見れる団体になりましたよ。

明日から社会人、がんばって。
新中野から応援しています。
スポンサーサイト

● COMMENT ●

お元気ですか?

くみさんご無沙汰してます!
上海からヤスです。
只今、上海Rにて残業中です。。。

今年はぜひ上海の大学生とカタリバが
出来る場を設定したいです♪

うちの会社(上海)の新卒内定者とかと
また上海に来られるタイミングで
ぜひぜひ語ってもらいたいです!

中国人の大学生は、日本のカタリバに
行ってるキャスト大学生たちと
一味違った感性を持っていて、
それはそれでおもしろいですよ!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kumimamura.blog53.fc2.com/tb.php/29-bc73bbc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Home Island Project で感じた原点。 «  | BLOG TOP |  » 本日、カタリバ08卒業式に際して

プロフィール

kumimamura

Author:kumimamura
今村久美
▼特定非営利活動法人
 NPOカタリバ代表理事
▼コラボスクール
 女川向学館・大槌臨学舎校長
▼高円寺・中野・女川町・大槌町 を行き来する毎日。
 校長と呼ばれることが
 まだムズカユイですが、
 名前についていけるように
 がんばります。
▼このブログは、私が好きな
 ように使う個人ブログです。
 NPOカタリバ公式発信では
 ないことをご了承ください。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (231)
文化 (1)
to katariba cast (3)
地域活性化 (3)
映画 (2)
メディア掲載 (3)
book (1)
イベント情報 (2)
about katariba (3)
つぶやき (1)
to katairba事務局 (1)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。