2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この機会に改めて考えたい「地方分権」

地方分権の議論において私が一番の課題だと思うのは、予算を霞ヶ関が持つのか、各県が持つのか、という議論はほとんど意味がないという部分。権限を、どの権力者が持つのか、という議論だと、その権限を持つ行政母体をよっぽど身近に感じている人でなければ、結局政治家や議会にお任せになってしまうから、第2のミニ霞ヶ関が各地域の中に生産されることになって、それはそれで今と同じような利権政治がはじまってしまうのではないか、なんて、ちょっと消極的に私は思ってしまう。

大事なのは、政府を小さくすることによって、一般の生活者が施策にリアリティを感じられて、興味をもて、大なり小なり意思決定のプロセスに関わっていける社会になること。そのためにだったら、地域分権はやるべきだ。だけど、生活者側をそのスタンスにしていくための、学習プロセスについては、政治でもメディアでも議論されていない(少なくとも私が見ている限り)。

予算と企画権限を地方に委譲しても、市民自身が「考える」思考を持っていなければ、有効活用していけないんだから、見方によれば、中央でまとめて考えておろした方が、たとえば印刷物にしてもスケールメリットがとれるわけで、予算的な効率さにもつながるのかもしれない。

たとえば、自治体によるかもだけど、私の出身の岐阜県で考えてみると、権限が国から県に委譲されても、高山市の市民にとっては実は「県」ってすごく遠くて、大きな存在だったりする。高山市から見た霞ヶ関って、どうもバーチャルな存在で、リアリティがないんだけど、それは実は岐阜県庁であっても、遠くて大きな存在で、一市民からみた霞ヶ関と岐阜県庁の違いは、実は誤差のレベルなんだよね。
じゃあ、県から市町村へ、県内分権が行われても、果たして高山市に住む、父や母や親戚や友人たちは、自分事として、施策を考えるだろうか・・。中野区に住みながら、中野区に対してまったくコミットしていない私だからこそ、まだそこに、自信がない。

社会のすべての概念において「中央」が大きいのではなく「個々」の力が強い社会にすべきだと、私は思っているので、「分権」という言葉は大好きだけど、どうしても、分権後の市民力に、まだ自信が持てない。政治も行政も、やっぱりまだ、遠すぎる。今回の選挙でかなり変わってきているのかなとは感じるけど。

すでに教育業界ではじまっている「分権論」でいうと、学校運営を教育委員会から、地域の人による学校理事会に委譲されたコミュニティスクールの施策は、中央から市民へ、の、分権社会の最先端をきっている。ただ、枠組みとしてのコミュニティスクールはすすんでいるけど、どこの地域でもできるわけではない。学校理事会を作ろうとしても、作れない地域もあって、それは、地域にコミットする個人が見つからないから。また、見つかったとしても、もちろん何がプロか、という話もあるけど、普通のお父さんお母さんに、プロフェッショナルな観点を求めても、難しいんだろう。クレームとコミットの違いは、そこか。

ただ、卵と鶏の関係。だから、まずは権限を委譲したら、地域と個人が学習して、ゆっくりかわっていくんだとは思う。
まずはそのきっかけとして、みんながみんな、橋下さんの音頭に乗って、分権分権言っているのは、いいことなんだろうなあ。


*****

そんなもやもやを考えながら、カタリバで8月9日、カタリバ大学、「地方分権」についてみんなで考えます。たくさんの人と一緒に議論したいから、学生無料にしました。

ちなみに、今回ゲストできていただく露木さんは、神奈川県開成町という神奈川県内最小面積で、そこの町長をされながらも、内閣府で地方分権改革推進委員会メンバーとして国レベルで分権ビジョンの委員。
まさに「学習する生活者作り」を露木さんは首長として実践されている。
先日露木さんからこんな話を聞いた。

中央が決めて自治体におろされた予算案の中で、彼が描く教育予算がどうしても足らなかった。足らない財源を確保するには、別の予算から付け替える必要がある。そこで、シニア世代のために計上されている予算を付け替えられないものかと考えた。
露木さんなら予算の付け替えを議会に通す権限をお持ちなわけだから、議会と議論すれば変更可能なんだろうけど、彼がした行動は・・・
まずはシニア世代をみんな集めて話し合う。
「本来は国から、皆さんのためのこの予算とこの予算が降りてきています。 でも、開成町の子どもたちのために、みなさんのための予算を使わせていただけませんか」
住民たちに、背景とその想いと計画を説明する。何度も何度も、説明する。
もちろん異論反論でた。「楽しみにしているゲートボールの大会、減っちゃうじゃないか」とかね。
そんなの出て当然だと彼は言っていた。そこで大事なのは熟議の民主主義。話し合うことが大切だ、って。話し合う中で、みんなの意見が決まっていく。
逆に、地域のことについて話し合いの場もなければ、永遠に社会システムにコミットしていく人は育たない。

各党が掲げる地方分権案がすすんだとき、キャッチコピーとしての「地域分権」は、いいとして、生活者がどう政治・行政の予算案・施策に、興味を持てるか、意見をもてるか、そんな生活者を醸成しよう。先に枠組みが決まっても、一般の人たちには遠いままの話になってしまう。それじゃ意味がない。

Think Globally,Act Locally

そんな露木さんと、コミュニティスクールという施策で実は早々に教育分野で地方分権を進めた寺脇研さんと、今回の選挙と向かい合う上で必要な「地方分権論」をみんなで考えていけたらと思います。


下記、ご一読いただき、タイミングが合えば、ぜひともご参加ご検討ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  カタリバ大学第6講「地方分権」 http://www.katariba.net/k-univ
2009/08/09(日) 13:30- by NPOカタリバ
         申し込みはこちら!>>http://tinyurl.com/ct2ycc
◆………………………‥‥‥‥‥‥・・・・‥‥‥‥‥‥………………………◆

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kumimamura.blog53.fc2.com/tb.php/47-458d08ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

TIME誌に載りました «  | BLOG TOP |  » NPOカタリバが、小渕優子大臣に表彰いただきました

プロフィール

kumimamura

Author:kumimamura
今村久美
▼特定非営利活動法人
 NPOカタリバ代表理事
▼コラボスクール
 女川向学館・大槌臨学舎校長
▼高円寺・中野・女川町・大槌町 を行き来する毎日。
 校長と呼ばれることが
 まだムズカユイですが、
 名前についていけるように
 がんばります。
▼このブログは、私が好きな
 ように使う個人ブログです。
 NPOカタリバ公式発信では
 ないことをご了承ください。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (228)
文化 (1)
to katariba cast (3)
地域活性化 (3)
映画 (2)
メディア掲載 (3)
book (1)
イベント情報 (2)
about katariba (3)
つぶやき (1)
to katairba事務局 (1)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。