2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TIME誌に載りました

TIME誌に載りました。

総選挙前に若者の意見を聞きたい、という程度の取材依頼で、小さなコラムになるのかとおもっていたので、送っていただいた紙面を手にして自分が表紙になっていたことに、驚嘆。恥ずかしすぎるなあ。
http://www.time.com/time/magazine

とりあえず・・実家の仏壇に飾ってもらうことに。

夫に夫の友人から、「お前の奥さん、どうしちゃったの?」という問い合わせが来て気づいたのですが、新宿南口の紀伊国屋洋書コーナー近くのレジに、ポスターになっているそうで・・。
とりあえず日常から、もうちょっと痩せておくべきでした。ごめんよ、カタリバの皆さん。

このページと、http://www.time.com/time/specials/packages/article/0,28804,1917631_1917629_1917623,00.html
このページで、http://www.time.com/time/specials/packages/article/0,28804,1917631_1917629_1917626,00.html
記事としてとりあげられました。

カメラマンのアンドレアス氏が、「Don't smile!」というので、必死に笑いをこらえて3時間撮影に耐えたらこんな仕上がりになりました。
time表紙
みんなでtime

私の表紙も中途半端な顔していて十分面白いですが、どこから突っ込みを入れたらいいのかわからない・・、この写真。にらみつけろ、手を柱に上げて、斜め45度で振り向いて、などなどアンドレアスのオーダーにだんだん慣れてきたころの瞬間なのだと思います。まずはかっこよすぎの優花と鶴ちゃんの顔に爆笑してください。稲葉が黒いままで、あおちゃんともりーに影がかかっているのも、アーティスティックなセンスなのでしょうか・・。

英語がわからないのでエキサイト翻訳で訳してみるとこんな・・かんじです・・・・・・・・。

*****
西東京のお粗末な家は日本の社会運動の出生地のように見えないかもしれません。 しかし、畳のこの人口過密地域では、熱心な学生のクラスタは、彼らのラップトップで座って、冷たいお茶をちびちび飲んで、それらの5,000人のボランティアの全国中継を通して静かに効果があります。 グループが知られているように、「共有の場所」を意味して、Kataribaの任務は、彼らが社会と#8212の位置を占めることを若い日本人に教えることになっています。 そして、彼らは、彼らの政治上の声を使用する必要があります。 「それは小さいステップにすぎません。」と、政治上の、そして、そうでない、手本を若者に紹介するために公立高でワークショップを走らせる29歳のクミ今村は、言います。 しかし、「あなたが、自分でその前進を取る必要がある、」
******

エキサイト翻訳って、ほんとエキサイトしてますね。
スポンサーサイト

● COMMENT ●

偉大なるクミさん

くみ、すごいね。

笑わないのは、アジア人のイメージだろうか。

いつぞや、飲み屋で話してた笑っていた顔のほうがよかったねー(笑)、いやいや、おめでとう。
たぶん、いろんな人から同じこと言われてるんだよね?(笑)

なるさん じゅんちゃん
今度飲みに行ったら、この顔でにらみつけてあげますよ。(笑)

ごめんなさい。
爆笑だったんですけど。
どうしたんですか。
てか稲ちゃん。。。わからない。

すごい!

表紙かざるなんてすごいですね。
睨みつけた久美さんもステキです♪

No title

いまさらですが、初めてこのブログ拝見したので…!

何も知らずにカトマンズの端っこの本屋さんでTIMEを見つけ、ネパールにもTIMEってあるんだーなんて思ったら、まさかの久美さんでめちゃくちゃびっくりしました!おめでとうございます(ました)^^


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kumimamura.blog53.fc2.com/tb.php/48-6380c17c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カタリバがTIME誌に! - 2009年8月25日発売号

くみさんのブログでみつけて驚愕したのでメモさせていただきます。 最近、同年代の人...

TIMEを翻訳していただきました (secky&波多野さん ありがとう) «  | BLOG TOP |  » この機会に改めて考えたい「地方分権」

プロフィール

kumimamura

Author:kumimamura
今村久美
▼特定非営利活動法人
 NPOカタリバ代表理事
▼コラボスクール
 女川向学館・大槌臨学舎校長
▼高円寺・中野・女川町・大槌町 を行き来する毎日。
 校長と呼ばれることが
 まだムズカユイですが、
 名前についていけるように
 がんばります。
▼このブログは、私が好きな
 ように使う個人ブログです。
 NPOカタリバ公式発信では
 ないことをご了承ください。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (231)
文化 (1)
to katariba cast (3)
地域活性化 (3)
映画 (2)
メディア掲載 (3)
book (1)
イベント情報 (2)
about katariba (3)
つぶやき (1)
to katairba事務局 (1)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。