2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

14歳と60歳のナナメの関係

カタリバをはじめてからずっと、若い世代以外の人をマネジメントすることに対して比較的拒絶してきた。それは、若い方が生徒との距離感がちかく、効果的にコミュニケーションをとりやすいのではないかという仮説もあったのは事実なものの、もう一つの理由としては、私自身のマネジメントキャパシティ的に無理なのではないかと思っているという側面もあった。
しかし本当は、多世代・多文化・多職業の人々がみんなでこの社会を作っているわけで、一定階層に限定したコミュニケーションは、実は社会のリアルではない。うちの組織に関わる学生にとっても、これから仕事をしていくにも、結婚して新しい家族と生きるにも、自分と異質な前提を持った人とコミュニケーションを取りながら生きていくことになる。カタリバが他世代の交差点になることは、関わるスタッフをも成長させる機会になるのではないかとは思う。もちろん私自身にとっても。

カタリバが宮城県でつくる女川向学館。今日は30代2名、50代1名、60代1名の多世代のボランティアさんと、20代~60代のスタッフがまんべんなくいる向学館スタッフが事務所にいる。それは、カタリバを立ち上げて12年間経験したことがない日常である。
やはり、年長の方からは学びと安心感を感じる。年の功とはよく言ったものだと思う。

では、カタリバ効果という点ではどうなんだろう。60代の男性、50代の女性が中学生たちと関係性を作り、勉強のみならず人生の相談や友達、家族の相談にのっている様子をみると、若くないとナナメの関係が成り立たないはやはり間違いで、少し年上の先輩と生徒という関係性とはまた違った、味のある関係価値が生み出されていることに気づく。
藤中さんと談笑

女川向学館の事業は、もちろん女川町とそこに暮らす子どもたちのためのものではあるものの、私自身にとっても、組織にとっても、毎日が学びに溢れている。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kumimamura.blog53.fc2.com/tb.php/57-b5f0e03a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

11/09のツイートまとめ «  | BLOG TOP |  » 10/29のツイートまとめ

プロフィール

kumimamura

Author:kumimamura
今村久美
▼特定非営利活動法人
 NPOカタリバ代表理事
▼コラボスクール
 女川向学館・大槌臨学舎校長
▼高円寺・中野・女川町・大槌町 を行き来する毎日。
 校長と呼ばれることが
 まだムズカユイですが、
 名前についていけるように
 がんばります。
▼このブログは、私が好きな
 ように使う個人ブログです。
 NPOカタリバ公式発信では
 ないことをご了承ください。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (228)
文化 (1)
to katariba cast (3)
地域活性化 (3)
映画 (2)
メディア掲載 (3)
book (1)
イベント情報 (2)
about katariba (3)
つぶやき (1)
to katairba事務局 (1)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。