2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父とブルーノート

急な出張で東京に上京した父親が、ブルーノートに行って見たい、というので、父と妹と妹の彼氏と行くことに。食事してから行ってよかった。食事が高い・・。

最近ブラジル移民100周年の祝いムードによく遭遇するけど、ブルーノートもそんな感じで、昨日のライブはジョイスさんというボサノバの人。
ドラムのトゥチ・モレーノさんは眉間にしわがよっているメガネの人で福田首相に似ていた気がしたのは私だけ・・?かもしれない。


ブルーノートといえばジャズだし、アメリカで行ったライブハウスのような感じで、お酒飲みながらやいのやいのとステージと客席が会話しながら自由に見るライブなのかと思ったら、けっこうちゃんと着席して、ライブというよりディナーショーみたいな感じなのね。
それにしても、ボサノバはジャズに分類されると思っていたけど、サンバの一種らしい。



学生のころ、ブラジル旅行に行った友達に「現地で流行ってるボサノバのCDでもお土産に買ってきてよ」と頼んだ。
帰国後の友人いわく、ブラジルではボサノバなんて流行っていなくて、CDショップに行ってもロックやヒップホップばっかりだった。「そんな古い音楽は流行らない」と思われているらしく、言ってみれば日本で言う、演歌を少し年齢の上の人たちが聞く、感覚と似ているらしい。
2001年のときの話だから、変わってるかもしれないけど。

たしかに、なぜかボサノバって、ヨーロッパなイメージがある。
今日買ったジョイスさんのCDもロンドンのレーベルから出てる。


今日は楽しかった。サルサが楽しい私としては、うしろのサンバ音がとてもたのしい。ジョイスさんの空気感のある声も素敵。
父の感想は、パラパラパラパラ言ってるようにしか聞こえない、らしい。まあ、そういわれればたしかに・・。↓
http://jp.youtube.com/watch?v=gnYRHmLHHVQ
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kumimamura.blog53.fc2.com/tb.php/7-32206d9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

衝撃の上海 «  | BLOG TOP |  » よってたかってはないちもんめ

プロフィール

kumimamura

Author:kumimamura
今村久美
▼特定非営利活動法人
 NPOカタリバ代表理事
▼コラボスクール
 女川向学館・大槌臨学舎校長
▼高円寺・中野・女川町・大槌町 を行き来する毎日。
 校長と呼ばれることが
 まだムズカユイですが、
 名前についていけるように
 がんばります。
▼このブログは、私が好きな
 ように使う個人ブログです。
 NPOカタリバ公式発信では
 ないことをご了承ください。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (228)
文化 (1)
to katariba cast (3)
地域活性化 (3)
映画 (2)
メディア掲載 (3)
book (1)
イベント情報 (2)
about katariba (3)
つぶやき (1)
to katairba事務局 (1)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。